禁煙外来

禁煙外来

タバコをやめたくても、なかなかうまくいかないものです

タバコをやめたくても、なかなかうまくいかないものです

禁煙できないからといって「意志が弱いから」と自分を責めてしまう方は多いと思います。
家族や周囲にもそう思われてしまいがちですが、禁煙が難しいのは意志の問題だけではありません

タバコがやめられないのは「ニコチン依存」「心理的依存」があるからです。
この2つの原因を取り除かないと、禁煙に成功するのは難しいでしょう。
禁煙治療は、薬の投与と医師によるカウンセリングによって、「ニコチン依存」「心理的依存」という問題を解決していきます
平野区で禁煙治療をお考えの方は、林診療所にご相談ください。

あなたはニコチン依存症ではありませんか?

下記の10項目のうち、5項目があてはまればニコチン依存症の可能性があります。

  • 1.自分が吸うつもりの本数より、たくさんのタバコを吸うことがある
  • 2.禁煙、タバコの本数を減らすことに失敗したことがある
  • 3.禁煙、タバコの本数を減らそうとした際、タバコがほしくて仕方なくなった
  • 4.禁煙したり、本数を減らしたときに(物事に集中できない、憂鬱になる、頭痛がしたり眠気がある、胃がむかむかする、脈が早くなった、手が震えてしまう、食欲または体重増加)などがあった
  • 5.上記の4でうかがった症状を消すために、またタバコをすってしまうことがありましたか?
  • 6.重い病気にかかった際に、タバコは吸ってはいけないと分かっていながらも吸ってしまうことはありましたか?
  • 7.タバコを吸うがために、自分に健康問題が起きていると分かっていながらも吸ってしまうことはありましたか?
  • 8.タバコを吸うがために、自分に精神的問題が起きていると分かっていながらも吸ってしまうことはありましたか?
  • 9.自分は、タバコに依存していると実感することがありますか?
  • 10.タバコが吸えない仕事環境や付き合いなどを避けることが何回かありましたか?

タバコを吸うデメリット

  • タバコにはたくさんの有害物質が含まれています。
    タバコの煙には、タール(発ガン物質、発ガン促進物質、毒性物質を含む)、ニコチン、一酸化炭素(動脈硬化を促進)など、有害な成分が含まれています。
  • タバコを吸うと、病気のリスクが高まります。
    吸わない男性に比べて、タバコを吸う男性は、脳卒中のリスクが3.8倍、口腔ガン・喉頭ガンによる死亡率が3倍、肺ガンに至っては4.5倍、喉頭ガンは32.5倍です。
  • タバコの煙が原因で起こる肺の疾患「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」のリスクが高まります。
    これは狭心症、胃潰瘍、糖尿病などの疾患に悪影響を及ぼし、心筋梗塞のリスクも2.6倍になります。
  • 周囲への影響も少なくありません。
    本人がタバコを吸わなくても、近くの人がタバコを吸えば、間接的に害を及ぼす煙(副流煙)を吸い込むことになります。

タバコをやめるメリット

  • せきやタンが止まる
  • 嗅覚が元に戻る
  • 食べ物がおいしく感じられる
  • 慢性気管支炎の症状が改善する
  • 肺ガンや心臓病の死亡率が年々減っていく
  • 肌あれが改善される
  • 口臭が気にならなくなる
  • 部屋や服にタバコの臭いがつかなくなる

保険医療でおこなう禁煙治療

タバコをやめると、「イライラする」「落ち着かない」などのいろいろな症状(離脱症状)が起こります。
この症状を内服薬やパッチ等により緩和させて、しだいにタバコを吸わなくても離脱症状が起こらないようになり最終的に禁煙成功できます。

医師の診察を受け、ニコチン依存症ということがわかれば、保険適用内で治療がおこなえます
保険内で禁煙治療をお考えの方は、平野区の当院へ是非ご相談下さい。

治療の流れ

  • 治療の前に

    治療の前に

    禁煙の治療は12週間かけておこないます。
    禁煙治療の初診は予約制です。
    あらかじめ、電話でのご予約をお願いします。
    電話:06-6702-0155
    初診は水曜日の13:00以降です。
    今、服用している薬があれば、ご持参いただくか、何の薬を飲んでいるかわかるものをお持ちください。
    現在治療中の病気によっては禁煙治療が受けられない場合もあります。

  • 初診

    初診

    問診
    検査(呼気中の一酸化炭素濃度の測定、胸部X線撮影)
    禁煙治療薬の種類の決定
    禁煙をスタートさせる際の医師からの注意とカウンセリングを受けていただきます
    不安なことや気になることがありましたら、お話しください。

  • 2週間後に診察

    呼気中の一酸化炭素濃度の測定
    脈、血圧、体重測定

  • 再診

    12週間で5回ご来院いただきます。
    通常はこの期間で、治療は完了しますが、中には禁煙できない方もいます。
    そうした方は薬の処方はできないのですが、引き続き医師の診察は受けられます。

    平野区で禁煙をご希望なら、一度当院までご相談ください。

禁煙治療Q&A

Q 禁煙はつらいのですか?
A

楽ではない部分もあります。
特に心療内科に通われている方など、ほかの病気をお持ちの方はつらく感じることもあります。
でも、医師があなたの心を支えます。
ゆったりと安心した気持ちで、治療を続けましょう。

Q 一度、ほかの医院で禁煙治療を受けたのですが……
A

保険で治療が受けられるのは1年に1回だけです。
ただし、前回の禁煙治療から1年が経過していれば、再び禁煙治療が受けられます。

当院では、禁煙をしたい人を応援します。
ぜひ一緒に禁煙を成功させましょう。

一人ひとりの
患者さまを大切に

平野区で病院をお探しの方、内科を受診されたい方は、
林診療所までお気軽にご相談下さい。

06-6702-0155 診療時間 9:00~12:00/17:00~19:00 休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日06-6702-0155 診療時間 9:00~12:00/17:00~19:00 休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日